始めよう爪育・キューティクルオイルはなんで使うの?

突然ですが

 

“キューティクルオイル”

 

ちゃんと使えてますか?

 

ネイルサロンに行くと必ずと言っていいほど

『オイル使ってますか?』

『オイル使って下さいね!』

 

 『お持ちでないなら販売してるので買っていって下さい』

(とおっしゃる方もいると思います)

 

毎回言われてうっとおしく思うときもあるのかもしれないのですが

 

爪にとってキューティクルオイルでのケアは

とても大切なので

ネイリストたちはしつこく言うのです。

 

 

 

キューティクルオイルの大きな役割は

・甘皮周りの保湿

・爪の保湿

・爪への栄養補給

 

【甘皮周りの保湿】

甘皮の部分(写真①)と爪のサイド(写真②)に塗り込むことで

乾燥によるささくれを防いでくれます。

よく爪のサイドの皮膚が硬くなっているのを気にされてる方もいますが

それもオイルのケアでよくなります。

 

【爪の保湿】

爪そのものの保湿です。

爪は適度な油分と水分のバランスによって

健康に保たれています。

お肉から離れてしまった部分(爪先)は皮膚から離れてしまっているので

特に乾燥しやすく

かけやすかったり二枚爪になりやすいので

爪の裏側に塗って保湿します。

裏側ならカラーやジェルを塗っていても出来ます。

 (写真③)

 

【爪への栄養補給】

これから生えてくる爪に対してのケアです。

新しい爪は

甘皮の下にある細胞で作られているので

そこに適切な栄養を与えることで健康な爪を育成します。

(なので①の部分にしっかりオイルを塗り込むんです)

 

乾燥がなぜ良くないかというと

見た目にかかわることはもちろんのこと

乾燥が原因でささくれが出来、

そこから菌に感染して炎症を起こしてしまったり

そのせいできれいな爪が育たなかったり

かけたり二枚爪になったりと

トラブル続出。

 

爪の状態が良くなければ

ポリッシュの持ちもジェルの持ちも悪くなり

 

そのたびに塗り替え・付け替えなんてしていたら

ますます爪に負担がかかるばかり。

 

もしかしたら

ネイルをすること自体良くないことと

思ってしまうかもしれません。

 

ネイルってサロンに来てお手入れしてもらったらハイ終わりっていうものではなく

美容院や歯医者とかと同じく

それを維持するための

自宅での小さなホームケアがとても大切なんです。

 

その最低限のケアが

“キューティクルオイル”なんです。

 

ここまで聞くと

ちゃんとオイル塗らないとって思ってくれると思うのですが

ここからさらにもう一歩。

 

少しだけ成分にもこだわって見て下さい。

 

せっかく使うのなら

ホホバ・アボカド・アーモンド・アルガンなど

植物性のものを使うことをおすすめします。

合わせてビタミンE配合だと更に嬉しいですね。

 

先程言った通り

キューティクルオイルはこれから生えてくる爪に

アプローチするので

有効成分が含まれてるオイルのほうが

効果的です。

ただこの効果を実感するには

最低でも3ヵ月(爪が新しく再生する周期)、

もしくはそれ以上かかるので

根気が大切です。

 

 

オイルを1本用意したら

後は簡単。

 

甘皮部分・爪のサイド・爪の裏側(先端)に塗って

軽くマッサージをしながら塗り込んで下さい。

 

以上!!

 

これなら続けられますよね。

 

最低でも一日3回は塗ってみて下さい。

 

そして最後にもう一つ

 

昔買ったオイルがまだあるので・・・

というセリフ。

 

今すぐ捨てて新しいオイルを用意して下さい。

 

オイルなのでどんどん酸化します。

また皮膚に触れる度に雑菌がつきます。

 

なるべく少量のもので

どんどん使い切るのをおすすめします。

 

 

大切なのは継続することです。

 

爪が変わったことを実感できるのは

だいぶ先になりますが

今一度オイルを使うことの意味と使い方を確認した上で

これからのホームメンテナンスに役立ててください。

 

 

お読み頂きありがとうございました。

 

私のおすすめはOPIのAVOPLEX CUTICLE OIL TO GO
私のおすすめはOPIのAVOPLEX CUTICLE OIL TO GO

・2018年よりブログの更新はこちらになります→House&nail