ジェルオフに時間をかける理由

当店のジェルネイル施術時間は

基本180分です。

 

他店と比べて長いと思います。

 

3時間・・・

 

みなさんにとって

3時間あれば何ができますか?

 

仕事1,2本は片付けられますよね。

 

家事も一通り終わらせられます。

 

映画も1本観られますし

 

お友達と一緒にお茶だって出来ます。

 

3時間は

 

やりたいと思ったこと何かしらは

こなせる時間だと思います。

 

私の仕事はそんな

忙しい女性の3時間をいただいています。

 

では、それを承知の上でも

なぜそんなに時間をかけるのか。

 

少しお話させていただきます。

 

ブログもちょっと長くなりますが

お付き合いください。

 

 

爪をキレイに見せてくれるジェルネイル

 

気分も上がる

周りからも褒められる

自分でポリッシュ塗るのも面倒だし

出来たら長く続けていきたいと思ってる人もいると思います。

 

 

そもそもジェルで爪は痛むのでしょうか?

 

例えば

爪が健康な方が

正しいやり方で続けていくなら

爪が極端に弱ってしまったり痛むことはないと思います。

 

現に10年以上私はつけっぱなしですし

自爪も薄くありません。

 

しかしながら

皆さんになぜジェルは痛むと思われているのでしょうか。

 

爪が痛む理由は幾つか考えられますが

そのうちの一つをあげるならば私は

 

ネイリストのオフの技術だと思います。

 

 

今ではジェルの種類もたくさん増え

私達もどれを選んでいいのか分からないくらい

各メーカーから発売されています。

 

自爪に優しい

自爪を傷めない

 

どのメーカーも必ず謳うこの言葉

 

価格だってピンからキリまでありますが

 

ある一定の水準をこえてれば

もちだったり

自爪への優しさは

どのメーカーでも大差ないかなとも感じます。

 

そうなると

要はそれを施術する側にかかっているということ

 

どんなに良いジェルを使っても

それを扱う人によっては

いくらでもお客様の爪を痛めてしまう原因となるということなのです。

 

 

ジェルをするうえで

私達がお客様の爪を守れるとしたら

 

まずはジェルのオフの技術(経験)を磨くことかと思います。

 

私たちは決してお客様の爪を痛めたり

ボロボロにしたいとは少しも思っていません。

傷つかないように少しでも長く楽しんでもらえるように

丁寧に慎重に施術しているのです。

 

 

 

ジェルのオフと一言で言っても

ジェルの種類・デザイン・その方の爪の状態によって

かかる時間も使う溶剤も変わります。

 

その方の爪がどこまで耐えられるのかを見極めるのも大切です。

 

どんなに溶けやすいジェルでも

厚みがあれば時間はかかる。

 

他店様でつけられたものだったら

何がどう乗ってるかわからないから

より慎重になる。

 

ペラペラの自爪の方だったら

しっかり溶かして優しく丁寧にしないと

もっと薄くなってしまう。

 

 

こればっかりは技術というより経験が要となる気がします。

 

 

以前サロンに勤めていた頃は

オフ・デザイン込90分

という中で毎日サロンワークをこなしていました。

 

そうすると必然的にオフに避ける時間は限られてくるので

せっかく溶かせるジェルにも関わらず溶かしきれず

最終的に削り取っていくしかなくなってくるのです。

 

私はアクリルのつけ爪が流行っていた時代からこの仕事はしてるので

削る作業は慣れてます。

一応熱くならないコツも心得ているし

自爪をペラペラになるまで削ってしまうような

経験不足でもありません。

 

それでもなんとなくお客様の爪が薄くなっていくのを感じずには

いられませんでした。

 

 

 

このような経験があって

 

自分でお店をやろうとした時に

オフで爪を痛めるようなことはしたくないと思い

その当時一番爪に負担がかからないジェルを選びました。

 

またジェルオフに必要な時間は必ず確保すると決め

その他色々なことを考えた結果

 

施術時間180分

一日3組様限定と言うかたちに落ち着いたのです。

 

 

爪が痛むということは

ジェルの持ちが悪くなることにも繋がります。

 

ジェルの持ちが悪いということは

本来持つはずの期間持たせることが出来ず

 

短期間でサロンでお直し。

 

またジェルをオフして

表面削って

(多少の削りは必要なのです)

 

そんなことを繰り返していれば

どんどん爪は弱くなっていきます。

 

自爪が痛む = ジェルの持ちが悪い

 

自爪が健康 = ジェルの持ちがいい

 

ジェルのもちはオフにかかっているのです。

ほんとにほんとに

オフは大切なのです!

 

 

私の場合は

 

オフと事前のお手入れに1時間以上の時間をかけます。

 

オフと同じく事前のケアも大切で

ここで手を抜くとやはり

ジェルの持ちがよくありません。

 

持ちが良くなければ

先ほどと同じで

短期間でお直し→痛むの繰り返しです。

 

私にとってジェルの施術は

オフとケアが一番大切だと思っているので

しっかりお時間いただいてお手入れさせていただきたいのです。

 

 

 

180分という時間は

一日のうちでとても貴重で大切な時間だと思います。

 

いつも通ってくださるみなさん

 

皆さんの貴重な時間を

私に預けてくださり

誠に感謝しております。

 

ありがとうございます。

 

そして

まだお気に入りのサロンに出会えていない方

このブログが少しでも

サロンを選ぶ際の参考になれば幸いです。

 

 

 

 

 

 

 

・2018年よりブログの更新はこちらになります→House&nail