続・ジェルオフに時間をかける理由

前回、ジェルオフの大切さについて書かせていただきました。

 

あくまでも私が長年経験し感じたことなので

 

違います、そんなことありません!

と思う方もいるかもしれませんし

 

一理あるな〜

なんて感じてくれる方もいるかもしれない。

 

ジェルの種類も多いので

もしかしたら該当しないものもあるのかもしれません。

 

ただジェルに限らず

 

なぜケアをするのか

なぜこの周期なのか

なぜホームメンテナンスが必要なのかなど

 

一つ一つのなぜを説明していくと

最後に全てがつながります。

 

ちゃんとそういうことが分かると

ネイルに対する向き合い方も変わると思いますし

セルフ派の方にとっても

正しく楽しんでもらえるのかなと思います。

 

なんでこんなにしつこく言うのかと言われれば

ちゃんと納得した上で施術をするほうがいいと思うから。

 

当店に限らず、

全然痛みませんよ〜

って言ってたのにめっちゃ薄くなった!

なんてことになったら嫌ですよね。

 

全員が絶対に痛まないとは言えないけど

ダメージは最小限に抑える努力はします。

 

 

結局のところ

 

爪が健康で状態が良い方は

ジェルの持ちもよく

オフもし易いです。

 

これは

爪の表面もキレイに整っているため

無駄にジェルが爪の奥に入り込まず

オフもしやすいためです。

 

そうなれば時間も最短で済むので

オフの際使用する

アセトンによる乾燥も最小限に抑えられます。

 

また

ジェルを乗せていく土台(爪)も

柔軟性があり

適度な水分バランスが保たれています。

しなやかで丈夫。

衝撃にも耐えられるのでジェルの持ちも良くなり

過剰な付け替えもしないで済みます。

 

それとは逆に

爪にダメージがある方は

ジェルの持ちが悪いうえに

オフもしにくいと言えます。

 

薄くなっっている爪

乾燥している爪

二枚爪

 

どれも爪の表面が乱れているので

ジェルが爪の細かい溝に入り込んでしまい

オフがしにくく

乾燥もしているので爪の層が剥がれやすく

それがまた爪を薄くする原因になります。

 

また土台(爪)も安定感がないので

ジェルと爪の間に隙間が空きやすかったり

二枚爪のところから爪と一緒にジェルが剥がれたりします。

 

剥がれたら直したくなる

折れたくないから厚く乗せたがる

悪循環しか生まれません。

 

 そうなると誰だって

健康な爪になりたい!!

と思いますよね。

 

そこで大切なのが

日頃の自爪のお手入れとなってくるのです!!

 

キューティクルオイルを塗って

爪の乾燥を防ぎ

爪の成長を促すこと

 

良い爪を育てて(維持して)いくことが重要です。

 

そして何より

定期的なネイルケアが大切となってくるのです。

 

もちろん

ジェルやポリッシュを塗っていない方だって

油断は禁物。

 

一見綺麗に見えてても

日常生活によって

ダメージを受けているので

どんな方にとっても

日頃のお手入れは大切になってくるのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・2018年よりブログの更新はこちらになります→House&nail