春は爪を育てるチャンスです!

爪健美活始めよう!

九段下ネイルサロンisola の yuki です。

 

あっという間にもう3月。

 

三寒四温を繰り返し

暖かく穏やかな春まであと少しです。

 

 

先日わたくし

【爪の栄養学】

という講習に行ってきました。

 

爪に必要な栄養素とはなんなのか

どういう栄養素がどんな風に細胞に働きかけて

爪を成長させるのかなどを

 

90分という短い時間でしたが

学ぶことが出来ました。

 

なかなかおもしろかったので

もう少し自分の中で消化してから

ぜひ皆さんにもお話したいなと思います。

 

帰りがけには私思わず

栄養学の本を買って帰りました!笑

 

 

さて

タイトルにもありますが

春は爪を育てる絶好の機会なんです!!

 

自爪を育てたい

ジェルで爪が傷んだ気がするからお休みさせたい

そんな方必見。

 

 

私たちの爪は

毎日平均0.1ミリ伸びています。

 

一般的に春夏は早く

秋冬は伸びが遅いと言われています。

 

みなさんも何気なく実感してるのではないでしょうか。

 

爪が春夏に早く伸びる理由は

暖かくなると体の血流も良くなり

爪を作る細胞も活発になるからです。

 

ちなみにこの逆で

冷え性の方は爪の成長スピードが遅い

というのもあります。

(一例として)

 

また、よく使う指は

爪の成長スピードが早かったりもします。

 

血流がいいということは

爪の成長に、とっても重要なこと。

そして、冷え性は爪の成長にも大敵なのです。

 

また空気の乾燥によって爪も乾燥してしまいますが

春にるとそれも和らぎます。

 

爪が乾燥しなければ割れにくくなるので

伸ばしやすくもなってきます。

 

このように春夏は

爪を成長させる環境が整っているので

爪をリセットしたい方や自爪を育てたい方に

おすすめの季節としています。

 

もちろんジェル派の方にだって

爪が早く成長してくれるのはメリットだと思いますよ。

 

早く伸びる分

根元からどんどん新しい爪に入れ替わるのですから

ジェルをお直しする際は

なるべく健康な爪が生えている方がいいわけです。

 

 

今生えている爪が完全に生え変わるまでは

3,4ヵ月から約半年かかります。

 

もし春から爪の健康を意識して生活を始めてみると

だいたい秋ぐらいには爪は生え変わっていて

今年の秋冬は弱い爪に悩まされなくて済むかもしれません。

 

そう思うと

ちょっとワクワクしちゃいませんか?

 

もちろんそんな爪を手に入れるには

毎回お伝えしていますが

ケアと手の使い方がとても大切になります。

 

サロンでのケア

ホームメンテナンス

所作

 

これを踏まえて

4月から爪を育ててみるなんてのも

新しい習慣として取り入れられてはいかがでしょうか。

 

新年と春が一番新しいことを始めるのに

適した季節です。

 

サロンにご来店くださった方には

アドバイスとエール、お送りします! 

 

 

 

 

 

 

※ 実は15年ぶりに私も自爪ブームが来ました!

 

(私は特に傷んだり薄かったりはしないです)

 

しばらく爪を育てながら

ケアを楽しむ日々を送ってみたいと思います。

 

決して面倒になって

ジェルやポリッシュを塗っていないわけではないですよ〜

 

 

・2018年よりブログの更新はこちらになります→House&nail